山形きもの記念日 - 山形のきもの振袖専門店。伝統のお店 布施弥七京染店

布施弥七京染店 TEL.023-622-6317MAP
ホーム 会社概要 アクセス お問い合わせ 資料請求

ホーム > 今月の逸品 > 2013年1月

振袖

訪問着

留袖

袋帯

小紋

袖

紋付

ゆかた

和装小物



布施弥七京染店のブログ。日々の業務から、着物のことまで。


今月の逸品

2013年1月アーカイブ

今回ご紹介するのは

人間国宝の袴をお作りになっている
仙台市・甲田綏郎先生の商品です



そもそも、袴の産地としては米沢も有名では有るのですが
品質の良さとして、全国でトップクラスの商品が
甲田先生の作品であります



仙台平とは、伊達正宗公の奨励によって始められたと伝えられる地場産業で
後に正徳元年(1711)、五代藩主吉村公が京都から小松弥右衛門を招き、
御兵具御蔵人として仙台候御用織物<主として軍服に使った法被>を織らせて

この時、弥右衛門の工夫で一種の袴地を創り出し弥右衛門織と呼び
これが文化年間に仙台平と改称され広く声価を博するようになったそうです



やがて、幕政時代が終わると民間企業として発展を遂げ、
仙台平と言えば、最高の袴地として仙台市の主要産業となって
明治から大正、昭和初期にかけては製織工場も六ヵ所を数え
年間三万反の量産を誇ったといわれます。

戦後10年、昭和31年(1956)に文化財保護法が制定されるや
国は同31年4月に、手動織機による精好仙台平を重要無形文化財に指定し
榮佑をその技術保持者として認定した。いわゆる人間国宝である。

昭和45年(1970)1月甲田榮佑死去後、嗣子綏郎が継承して技術を伝えており
平成14年(2002)7月、親子二代に渡り重要無形文化財に指定され現在に至っている。




その甲田さんの逸品です



米沢の袴と比べると
縦糸の張り具合が随分違う気がします

とてもしなやかで、柔らかい風合いと
打ち込み・そして柔軟性は袴地として他に類が無く

すわって立ち上がった時、サラリとしわにならず
品位をたもっているのが特徴です



女性の髪の毛に例えると分かりやすいかもしれません

髪の長い女性が
とってもお手入れ良く、つや・はりがあり

そこに、極上のリンスを施した感じ

それが、仙台平の風合いかと思います



コレばっかりは、実際お手に取ってご覧頂かないと
分かりづらいかも知れませんね

でも、ホンモノ中のホンモノが
この、甲田先生の袴です



-------------------------------------------------------------------------------
お申し込みはコチラからどうぞ

-------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------
山形で一番思い出に残る成人式をお届けするきもの専門店
-----------------------------------------------------------------------------------
布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6  023-622-6317
専務 布施 将英
--------------------------------------------------------------------------------
http://www.kimonokinenbi.com/
http://ameblo.jp/kimonokinenbi/
http://yamagatakimonoclub.n-da.jp/
http://kimono7.exblog.jp/
-------------------------------------------------------------------------------
info@kimonokinenbi.com
yashichi@coral.ocn.ne.jp
-------------------------------------------------------------------------------
山形 成人式
山形 振袖 
山形 撮影会
山形 呉服
山形 思い出
-------------------------------------------------------------------------------

人間国宝の秀逸品

| トラックバック(0)

布施弥七京染店の十代目女将と同じ年齢の
故・羽田登喜男先生の作品です



石川県出身の明治44年1月14日生まれ。
南野耕月に加賀友禅を習い
曲子(まげし)光峰に京友禅習い、昭和12年京都で独立。

30年日本伝統工芸展初入選し
祇園(ぎおん)祭の蟷螂山(とうろうやま)の胴掛けなども手がけ
63年友禅で人間国宝となった大先生です



羽田先生の代名詞でもある「おしどり」



弊店にも、おしどりのきものが店に有りますが
上記掲載のお写真は、羽田先生の作品の中でも
非常に珍しい逸品です

力強いキジが先生に描かれた逸品です



アップで見ると、刺繍をご覧頂けるかと思います



つばきもチカラ強く、虫喰いも表現されています



梅もチカラ強い、春の息吹を感じさせます



箔もたたきもぼかしも、絶妙です



生地がとても重厚なので、記事を見てみると



濱ですね



どうやら、別機ですね



もちろん、八掛けまで細かい仕事が施されております



たたきも絶妙です
ココまでくると、本当に圧巻です



キジの眼差しを感じさせます



素材・技・染め・技法

どれをとっても、最高峰です





こちらの羽田登喜男先生の遺作にもなります
黒留袖のお値段です





羽田登喜男先生の黒留袖に関するお問合せ・ご用命は
下記までメール・またはお電話にてお問い合わせ下さいませ

info@kimonokinenbi.com


-----------------------------------------------------------------------------------
山形で一番思い出に残る成人式をお届けするきもの専門店
-----------------------------------------------------------------------------------
布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 
023-622-6317
専務 布施 将英
--------------------------------------------------------------------------------
http://www.kimonokinenbi.com/
http://ameblo.jp/kimonokinenbi/
http://yamagatakimonoclub.n-da.jp/
http://kimono7.exblog.jp/
-------------------------------------------------------------------------------
info@kimonokinenbi.com
yashichi@coral.ocn.ne.jp
-------------------------------------------------------------------------------
山形 成人式
山形 振袖 
山形 撮影会
山形 呉服
山形 思い出
-------------------------------------------------------------------------------


今月は、うちのチーフと一緒に
今月の逸品をご紹介致します( ^_^)/~~~

 


Video streaming by Ustream

山形が誇る素敵な商品をご披露致します



むらさき・くり・らっくだい・べにばなと
こだわった材料を使って染色しました



製造元は、諏訪先生の
のの花染工房です



天然染料で丁寧に染めた糸を使って
しっかりと、手織りで仕上げました



実際にコーディネートするとなると



な感じや



な感じで、お併せ頂けます

チーフ・横山さんの写真撮影風景( ^_^)/~~~



とても良い商品です



コチラからお申し込み下さいませ

 


ページの上へ↑


ホーム会社概要アクセスお問い合わせ資料請求


ありがとうございます。布施弥七京染店です。

山形県山形市若葉町4-6 TEL.023-622-6317

Copyright(C) 2009 布施弥七京染店 ALL RIGHT RESERVED.