山形きもの記念日 - 山形のきもの振袖専門店。伝統のお店 布施弥七京染店

布施弥七京染店 TEL.023-622-6317MAP
ホーム 会社概要 アクセス お問い合わせ 資料請求

ホーム > 今月の逸品 > 2013年3月

振袖

訪問着

留袖

袋帯

小紋

袖

紋付

ゆかた

和装小物



布施弥七京染店のブログ。日々の業務から、着物のことまで。


今月の逸品

2013年3月アーカイブ

都喜エ門大島紬88万円

| トラックバック(0)

●●えモンと聞いて何を思い浮かべるだろう、、、(笑)

大抵の場合は、未来の世界のネコ型ロボットを連想する方だろうかと思いますが
きもの屋さん的には、断然こっちなんです!!


都喜ヱ門先生です

「紬一つをわが命とぞする」を人生哲学として、七十有余年を大島紬と共に歩んだ
大島紬の第一人者です

その都喜ヱ門先生の作品です



本場大島紬の伝統技法をベースにしながらも
新しい図柄・技法を求め、より忠実に表現するための絣や染色技法を開発。
時代を先取りする作品創りに打ち込んでいました。

1973年には『都喜ヱ門』ブランドを展開し、多くの方々に愛されてきました。



藤絹織物の証書です



そもそも大島紬とは
幾多の行程を経て作られる逸品です

テーチキの煮出した染料に数十回に対し泥を一回をワンセットにし、
幾度も繰り返し深みのある色に染め上げられて行きます。

柄は、まず織り、防染し染め、生糸を解き、柄が崩れない様再び織るという、
大変手間のかかる製法となっています。



総工程数は30~40にも及び
制作には、それ相当の年月を必要とします


街着としてのお洒落はもちろん
おけいこやお出かけ季節ごとの催し等に

沢山着ていって下さい



1994年には「百寿」が海を渡り
英国立ヴィクトリア博物館に収蔵され美術作品として世界的に評価される
都喜ヱ門先生の大島紬です



大変貴重な都喜ヱ門先生の大島紬です
こちらから、ご用命頂けます

-------------------------------------------------------------------------------
お申し込みはコチラからどうぞ

-------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------
山形で一番思い出に残る成人式をお届けするきもの専門店
-----------------------------------------------------------------------------------
布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6  023-622-6317
専務 布施 将英
--------------------------------------------------------------------------------
http://www.kimonokinenbi.com/
http://ameblo.jp/kimonokinenbi/
http://yamagatakimonoclub.n-da.jp/
http://kimono7.exblog.jp/
-------------------------------------------------------------------------------
info@kimonokinenbi.com
yashichi@coral.ocn.ne.jp
-------------------------------------------------------------------------------
山形 成人式
山形 振袖 
山形 撮影会
山形 呉服
山形 思い出
-------------------------------------------------------------------------------

 

 


大王松

今回ご紹介するのは
永本機業店の
「本金漆箔三通太鼓袋帯」


フォーマルのお着物に
非常に会う優れものです



数年前に、賞をいただいた素晴らしい作品であります



人口樹脂や化学染料を一切使わない
昔ながらの技法で
終止こだわりの仕事を貫いております

歴史ある西陣織で最も細かい織物を作る為に作られた
1800口ジャガードを使用した裏地も光ります



留袖等には、非常に会う帯になっています




もちろん訪問着にも




帯の前の部分も
すっきりしていて
上品に仕上がっております




永本機業店のおしるし



これでもかという吟味した商品を使って作った
礼装向けの極上品です


Video streaming by Ustream


今回も布施弥七京染店のお宝品をご紹介致します
初めて帯のご紹介になりますが
今回は【紹巴織袋帯】を、ご紹介致します



そもそもですが紹巴織というのは豊臣秀吉に仕え、千利休の高弟である
【里村紹巴】が好む茶道具を覆った裂地に由来するものです



通常一般的な袋帯と違う点として
おおむね緯糸が経糸を包み覆うような形となり
緯糸によってのみ色を表現し織り上げております



従って他の織物に比べて緯糸同士の摩擦が大きいので
《ゆるみにくい、締め易い》 が特徴となっています。



更に天然繊維のみが持つ、しなやかさと柔軟性、伸縮性に優れ、
軽くて型くずれしにくい最高の風合いと締め心地を味わっていただけます。



織手さんの熟練した高度な技術を必要とする商品のひとつです。
そのため、西陣でも類を見ないほどの風合いを持つ帯に仕上がっています。



濃い時の着尺にも
バッチリあいますね〜〜



三才先生のぼかし着尺にも、バッチリ



ベージュの着尺にも〜〜



実際にお触り頂けないのが残念な位に
風合いは素敵です



存在感も大きいですね〜〜



留袖にもすごく相性のいい帯ですので
あなたのタンスの中のお着物には
間違いなくピッタリのお着物が入っていると思います



永本機業店
「紹巴織袋帯・優彩四季草花文」


ページの上へ↑


ホーム会社概要アクセスお問い合わせ資料請求


ありがとうございます。布施弥七京染店です。

山形県山形市若葉町4-6 TEL.023-622-6317

Copyright(C) 2009 布施弥七京染店 ALL RIGHT RESERVED.